自己を見つめ、表現することのできる、総合的な学習活動の場として幅広くご利用ください。

ご利用時間について

開館時間

9:00~22:00

休館日

年末年始(12/29~1/3)
※他に設備保守点検等のため臨時に休館することがあります。

施設の利用区分

午前9:00~12:00 午後13:00~17:00 夜間18:00~22:00

  • 施設の利用時間は、午前・午後・夜間の3区分単位での利用となります (スタジオを除く)。
  • 同じ施設を複数区分で利用される場合は、区分間の1時間(清掃時間)は、関係なく連続してご利用いただけます。
  • 利用時間とは、会場の準備、リハーサル、観客等の入退場及び後始末に要する時間の合計です。許可を受けた時間内にすべて終了するようにしてください。

施設のご利用申込について

利用申込

  • センター所定の用紙に必要事項を記入し、お申込みください。
  • 虚偽の申込、使用権の譲渡、転貸しなどは一切できません。
  • 利用料金は、利用許可書の交付と同時に納めていただきます。ただし、附属設備等の利用料及び実費利用料は利用日の当日精算となる場合があります。

受付時間

9:00~22:00

受付期間

  • センターの利用申込みは、次の要領で受付けします。
施設の区分利用者の区分受付期間
ホール及びホールに附帯する施設本市に住所又は、事務所を有する個人又は、 法人その他の団体(以下「市民等」という)利用日の属する月の12ヶ月前の1日から当日まで
市民等以外のもの利用日の属する月の11ヶ月前の1日から当日まで
レセプションホール(ギャラリー)、リハーサル室、多目的室、学習室、特別教室、和室、スタジオ、茶室等市民等利用日の属する月の6ヶ月前の1日から当日まで
市民等以外のもの利用日の属する月の5ヶ月前の1日から当日まで

連続利用期間

  • 連続して利用できる期間は、次のとおりです。
施設の区分利用期間
ホール及びホールに附帯する施設10日間(ただし、休館日をまたがる場合は、その休館日を含む。)
レセプションホール(ギャラリー)、リハーサル室、多目的室、学習室、特別教室、和室、スタジオ、茶室等5日間(ただし、ギャラリーを絵画展、写真展、その他の展示の為に利用する場合は、15日間とし、この場合他の諸室等を関連して使用する場合も同様とする。休館日をまたがる場合は、その休館日を含む。)

ご利用料金について

基本利用料金

← 左右にスライドします →

(単位:円/消費税含む)

室名定員(人)
B1F楽屋1・2
(全2室)
各2
楽屋314
楽屋416
リハーサル室50
多目的室108
スタジオ10
1F弥生の風ホール664
3F学習室1-A~3-B
(全6室)
各24
学習室4108
レセプションホール200
和室30
4FIT学習室A・B
(全2室)
各18
茶室
(翔泉亭)
20
5F特別教室
(運動室)
30
特別教室
(調理実習室)
36
特別教室
(工房)
36
午 前
9:00~12:00
午 後
13:00~17:00
夜 間
18:00~22:00
全 日
9:00~22:00
6008009002,300
9001,2001,3003,400
1,2001,6001,8004,600
5,4007,2007,90020,500
5,4007,2007,90020,500
1時間につき800
25,50034,00037,40096,900
1,5002,0002,2005,700
5,4007,2007,90020,500
12,00016,00017,60045,600
2,4003,2003,5009,100
1,5002,0002,2005,700
3,6004,8005,30013,700
3,0004,0004,40011,400
3,0004,0004,40011,400
3,0004,0004,40011,400

※学習室1A~3BおよびIT学習室は、となり合う2室A・Bを1室としてご利用いただくこともできます。

備考

  1. 平日(月曜日~金曜日)に弥生の風ホールを準備又は練習のために利用する場合の利用料金は、基本利用料金の額の1/2の額。
  2. レセプションホールを絵画展、写真展、その他の展示の為に利用する場合は、基本利用料金の額の1/2の額。但し、備考4)に該当する場合は除く。
  3. 延長して利用する場合の利用料金は、許可を受けていた利用室の午前の利用区分の1時間あたりの利用料金を算出した額。  
  4. 商業宣伝、営業又はこれらに類する目的をもって利用する場合(弥生の風ホールを除く)の利用料金は、基本利用料金の額の2倍の額。
  5. 上記とは別に、附属設備を利用の際は、別途附属設備利用料金が加算されます。

利用の取消・変更について

  • 利用申込の後、利用する方の都合で取り消しまたは変更される場合は、利用許可の取消(変更)手続を行ってください。いったん納められた利用料はお返しできません。ただし、次に掲げる理由および期日前に取消を行った時は、次に掲げる額をお返しいたします。
お返しする場合お返しする額
天災、その他利用者の責めに帰さない理由により利用できなくなったとき既納額の全額
施設等の管理上の支障のために利用許可を取り消したとき既納額の全額
ホール及びこれらと同時に利用する施設につき、利用日の60日前までに利用許可の取消の申請を行ったとき既納額の半額
リハーサル室、多目的室、学習室、特別教室、和室、スタジオ、茶室等につき、利用日の10日前までに取消の申請を行ったとき既納額の半額

附属設備等の利用料

  • 前述の施設を利用するにあたって同時に利用する特別な設備、備品等については附属設備等の利用料をいただきます。

実費利用料

  • 舞台・照明・音響等に関して技師等の人材の派遣や懸垂幕、看板、お花等の物品が必要となる場合は、それにかかる費用を実費としていただきます。

ご利用上の注意事項

主催者の方への注意

  • 主催者の方は、センター内外の秩序維持のため、必ず責任者及び整理員を配置してください。
  • 収容定員を超えて入場させないでください。
  • 入場者の安全を十分確保してください。
  • 館内での飲食は所定の場所でお願いします。貸室内での飲食は事前に許可が必要です。
  • 火気を使用するときは必ず許可をとってください。
  • 物品の展示、販売又は広告類の提示や配布は必ず許可が必要です。
  • 他人に危害を及ぼしたり、他人の迷惑になる物品や動物の類を携帯する方の入場はお断りします。
  • その他、センターの利用にあたっては係員の指示に従ってください。

利用後の処置

  • 利用する方が、利用終了後直ちに施設等を元通りに整理整頓し、センター係員まで届け出て点検を受けてください。

損害賠償等

  • 利用する方は、施設等を汚損、損傷などしたときは、届け出ていただくと同時に、センターが定める額を賠償していただきます。
  • センターが行う利用許可の取消などの処分によって、利用する方及び第三者に損害があってもセンターは一切その責任を負いません。

事故防止対策

  • 利用する方は場内外が混雑しないよう適切に整理を行ってください。特に災害に備えて非常口の場所、避難誘導の方法、消火設備など前もって確認しておいてください。

利用の許可をしない場合

次に該当する場合は、利用を許可出来ませんのでご了承ください。

  • 公の秩序又は善良の風俗を乱す恐れがあるとき。
  • 施設、設備等を汚損し、破損し、又は滅失する恐れのあるとき。
  • 管理上又は設置目的上支障がある場合。
  • その他不適切な利用とセンターが認めたとき。

利用を取り消す場合

次の場合には、利用の許可の取消や利用の制限、停止、退去を命ずることがあります。

  • 和泉市生涯学習センター条例又は、この条例に基づく規則に違反したとき。
  • 前記の利用許可制限の一つに該当する理由が生じたとき。
  • その他、緊急やむをえない理由によりセンターが特に必要と認めたとき。

事前の打ち合わせ

催し物を円滑に進行させるために、前もって担当係員と打ち合わせをしてください。

利用前の手続き

利用が許可された場合、関係官公署等へ届出が必要な場合は利用者で手続きを行ってください。

  • 催し物の警備防犯…和泉警察署:TEL.0725-46-1234
  • 防火管理…和泉市消防本部:TEL.0725-41-0119
  • 税に関すること…泉大津税務署:TEL.0725-33-5601
  • 音楽著作権関係…日本音楽著作権協会大阪支部:TEL.06-6244-0351

その他

災害対策

  • 災害発生時に備え、利用者の避難誘導、緊急連絡、応急措置等について、万全の対策がとれるようにしてください。
  • 緊急の場合、ホール事務所へ連絡し、指示に従ってください。

公演の中止

  • 天災地変、交通機関のスト、その他の不可抗力によって予定の催し物が実施出来ない場合、これら不測の事態による損害については、責任を負いかねますのでご了承ください。

管理責任の範囲

  • 火災・停電・盗難・その他事故により、利用者、出演者、参加者及び観客等に事故が生じた場合、当施設に重大な過失がない限り、その責任を負いかねますのでご了承ください。